宝探しプログラムの提案資料のダウンロードはこちら

宝探しプログラムの提案資料のダウンロードはこちら


施設理解促進&集客回遊促進企画【ソラノキ博士とナゾ解き調査団】

Print

スカイツリー裏0611入稿olcs5

実施期間(実施日)
2014年7月1日(火)~8月31日(日)
開催場所
東京スカイツリー
主催
東武タワースカイツリー株式会社
目的
施設理解促進 集客周遊促進
ターゲット
ファミリー層を中心とした来場者。
展開方法
スカイツリーの中に計4つの謎解き問題を設定。 参加する事でスカイツリーの構造が楽しく学べるような謎解きの問題とした。 謎を解読した先には、「シークレットレポート」が隠されており、 そこではスカイツリーの豆知識を見ることができた。
賞品
・オリジナルステッカー ・ソラノキ報告書 ・タカラッシュ!カード
告知方法
施設内でのチラシ設置、ポスター掲載、館内アナウンス、タカラッシュ!サイト など。
参加者数
※※※
発見報告数
約14,000
予算
※※※
効果
施設理解促進、集客周遊促進
担当営業コメント
参加する事で自然と楽しく施設の情報を学ぶことができる企画として、 多くの方に楽しんでいただけました。 また、謎を解きスカイツリーのスタッフにピースをすると次のヒントがもらえるという、 コミュニケーション要素も入れることで、他イベントとの差別化、面白みの付加を創出する事ができた。