宝探しプログラムの提案資料のダウンロードはこちら

宝探しプログラムの提案資料のダウンロードはこちら


【一般企業様 社員旅行】

プレジャー2

プレジャーフォレスト1

プレジャー3

実施期間(実施日)
2014年9月20日(土)
開催場所
相模湖プレジャーフォレスト
開催場所「コース名」※団体のみ
森を継ぐもの
ご利用団体 ※団体のみ
人材・システムエンジニアリング企業
目的
社員旅行内コミュニケーション
展開方法
通常プログラム ※4問のヒントを元に、指定エリア内に隠された宝の在り処を探す仕組み。
旅程 ※団体のみ
バス車内でシナリオ上映==冒険の書配布・ルール説明@第一駐車場(9:55~10:10)==宝探し(10:10~12:15)==表彰式/ランチ@ワイルドダイニング(12:30~)
プログラム内容 ※団体のみ
かつて狼に育てられた経験を持つマモルは、やがて社会人となり、 樹木の診断・治療を行う樹木医になった。 ある日、マモルは山の中で傷つき倒れていた狼を発見した。介抱すると、その狼はマモルが子どもの頃に一緒に育ったビゲツとうことが分かった。 ビゲツは言う。「私たちを育ててくれたハクが、森の長「大神」となるべく、『生命の御珠(せいめいのみたま)』を見つけ出すという試練を受けていたが、人間との共存に反対する狼センビに襲われ、仲間たちともはぐれてしまった。このままでは、センビが大神となり、人間たちは滅ぼされてしまう。彼らより早く生命の御珠を探し出さなければ大変なことになる。」 果たしてマモルは、センビの野望を打ち砕くことは出来るのか・・・
参加者数
160名
担当営業コメント
2年に1回旅行をしている企業様でしたが、今回初めて遊び要素を入れてコミュニケーション重視の旅行とされました。皆様捜索の最初からパワフルに活動されており、幹事様からは「思っていた以上に盛り上がった!」、参加者の方からは「謎がよく出来ていて楽しかった!」という嬉しいお言葉をいただくことが出来ました。 例年と違う旅行にしたいという想いに少しでもお応えすることが出来て良かったです。