宝探しプログラムの提案資料のダウンロードはこちら

宝探しプログラムの提案資料のダウンロードはこちら


【複数班制 企業様の日帰り旅行(横浜)】

図1

pict_minatomirai

IMG_0038

実施期間(実施日)
◆1班目:7/8(火) ◆2班目:7/12(土) ◆3班目:7/15(火)
開催場所
◆1班目:中華街 ◆2班目:みなとみらい ◆3班目:中華街
開催場所「コース名」※団体のみ
◆1班目:孫文の桃円陣 ◆2班目:破壊の呪文 ◆3班目:孫文の桃円陣
ご利用団体 ※団体のみ
食品販売会社
目的
社員間の交流・懇親
展開方法
通常プログラム ※4問のヒントを元に、指定エリア内に隠された宝の在り処を探す仕組み。
旅程 ※団体のみ
バス車内にてシナリオ上映(移動中)==各捜索範囲内広場にてルール説明(10:00~10:15)==各コースの捜索範囲にて宝探し(10:15~12:30)==表彰式@重慶飯店(13:00~13:15)
プログラム内容 ※団体のみ
【1班・3班 孫文の桃円陣(中華街)】 「中国革命の父」と呼ばれる孫文は、革命運動中、日本に長く滞在し 同志を募って革命資金を集めていた。 孫文の死後、調査したところ使われていない巨額の革命資金が 存在することが判明した。 その資金はどうやら今も横浜で「桃園陣によって守られているらしく、 公安局は資金獲得に乗り出した。 【2班 破壊の呪文(みなとみらい)】 アトランティス文明が作り出したと言われる伝説の最終兵器≪ソドム≫が、 ミナトミライ開発現場で見つかった。 そして発掘と共に動き出した兵器の起動装置・・・。 兵器の周りに古代パミール語で記された≪試用説明書≫によると、 兵器と共に存在する≪ソドムの破壊の呪文≫を手に入れ、唱えることで ソドムは再び眠りにつくという。 いよいよ今は世界が滅びる2時間半前。諸君に≪破壊の呪文≫を見出し、 横浜を救う力はあるのか?
参加者数
100名×3班
担当営業コメント
今年で5回目のリピーター団体様で、弊社創業当時から隔年でご実施頂いておりました。今年はリニューアルしたばかりの新コースをご利用頂き、何回も参加して頂いている方からも「今までで一番楽しかった!」とのお声!非常に好評でした!
参加者の様子
各チームに2~3名の宝探し経験者がいらっしゃり、率先してチームを引っ張ってくれていました!とても明るくチームワークも良く、猛暑にもかかわらず皆さん真剣に取り組んで頂きました!